金融食品文化美容仕事学校旅行人気運勢健康

トップページ | 新着情報 | 注目記事
 

チャート 【RSI】

FXのテクニカル分析の中でRSIというものがあります。
これは、多くの人が買っている、多くの人が売っている。
取引の過熱具合を示したものです。
過去のある期間の相対的な価格から、現在の価格が高いか低いか判断したものです。
0〜100%の数値で示されます。
≫続きを読む

FXメタトレーダーで儲ける しろふくろうのスーパー投資術 (WINNER’S METHOD SERIES)

FXメタトレーダーで儲ける しろふくろうのスーパー投資術 (WINNER’S METHOD SERIES)

  • 作者: しろふくろう
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2009/07/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



FXを始めるなら≪DMM FX≫にお任せ!DMMギフト券プレゼント

限度額200万円+年利2.85〜17.8%
見方は、70%以上の場合は買われすぎ、30%以下だと売られすぎとみます。
参考にする期間は、通常9日間や14日間。
5日間など短くも設定できます。
取引業者のRSIのシステムでは、14日間でデフォルト設定されていることが多いです。
しかし、あまり短いと簡単に%があがってしまい参考になりません。
ときには、RSIがあがっているのに為替相場が下がっている。
いわゆる「だまし」にあってしまうのです。
ある程度、長期的に見たほうが、精度がいいと思います。

しかしながら、半年、一年以上の長期にはRSIはむきません。
過熱具合をみただけでは、半年、一年先の為替相場を予想することは困難だからです。
長期的にRSIを見る場合は、1ヶ月程度がベストです。

もちろん過熱気味であっても、さらに相場が上昇されることは考えられます。
一概に過熱しすぎが、悪いというものではありません。

RSIチャート分析は、ほとんどのチャートソフトに入っています。

しかし、RSIだけをみて、為替相場の方向性を決めるのはやめましょう。
ローソク足や移動平行線やトレンドラインを併用して使うのがいいと思います。
RSIで、直前の過熱状態だけをみると、判断を誤りやすいからです。



posted by 初心者FX 記録の細道 at 08:41 | Comment(1) | チャート RSI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 投資のチャート at 2012年02月11日 15:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策



 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。